千葉市、船橋市ほか全国からの離婚相談、離婚協議書・公正証書の作成依頼に対応します。土日も営業、平日夜10時まで。

船橋駅徒歩4分の離婚契約専門の行政書士事務所<全国対応>

離婚協議書、離婚公正証書、離婚相談の船橋離婚相談室

運営:船橋つかだ行政書士事務所(協議離婚など家事分野専門)
千葉県船橋市本町1丁目26-14 サンライズ船橋401号

047-407-0991

営業時間

平日9時~22時(土日9時~17時)

お気軽に、お問合せください

お問合せ・ご相談はこちら

離婚協議書・公正証書(船橋離婚相談室)
トップページ

あなたも不安を離婚相談で解消し、安心できる離婚協議書による離婚を一緒に考えませんか?

離婚協議書・公正証書安心して離婚船橋離婚相談室

離婚協議書・公正証書の専門行政書士|平日夜10時まで土日営業|便利な船橋駅歩4分

平成28年8月1日

【8月の離婚相談ご案内】
家事分野に詳しく、離婚契約に実績ある専門行政書士が、協議離婚の条件(財産分与、養育費、慰謝料など)の取り決め、離婚契約の方法などに関するご質問にお答えします。

離婚契約に関する離婚相談(面談)は30分間無料になります。(お電話の場合は10分程度)
ご依頼(離婚協議書等)となるときは、時間を延長してお打合せに入らせていただきます。

ご来所につきましては、あらかじめ、お電話、メールにてご予約ください。

〔ご注意〕紛争性のある案件、離婚調停・裁判に向けてのご相談には、一切対応いたしかねますので、あらかじめ、ご承知おき願います

『専門家への相談が、安心への近道です。』

船橋離婚相談室は協議離婚専門です。

あなたの離婚への不安を、安心へ。

離婚が現実になろうとするとき、まず何から始めたらよいのか、誰でもお悩みになられます。

そして、協議離婚で進めることになったら、離婚の条件(財産分与慰謝料養育費のほか、離婚 住宅ローンの負担変更、借金の清算婚姻費用の清算)について、どう決めたら良いか、その決めた約束を守るために離婚協議書、公正証書にすべきかどうか、と考えられます。

離婚を決めたスタートラインに立ったとき、先にある分からないことを知ることにより、不安にある心の状態を落ち着かせることが、まず大切です。

そのような時の不安を解消するお手伝いをさせていただくのが、船橋離婚相談室の役割です。

 

有意義な離婚相談ができれば、離婚における大切なポイントを把握できます。そのことで、将来に不安を残さない離婚協議書の準備をすすめていけます。

『人生の重要な決定だから、失敗したくない。』

財産分与、慰謝料など

「不安であることを離婚相談で話します」

これで本当に大丈夫なの?どこか不安

財産分与慰謝料等について取り決めたのですが、本当にこの内容で有効な約束となるのか、将来にも問題が残らないのか、心のどこかで不安が消えませんでした。そこで、離婚相談に申し込みました。」

はじめに、離婚のご事情、条件面を、お伺いさせていただきます。万一、重要な条件で抜けていることがないか、特別の条件なども十分に確認します。これより、ご依頼がありましたら、お話しを踏まえて、離婚協議書の作成に着手いたします。

離婚協議書ができれば安心

「離婚前の不安が解消できました」

心配点も解消して、納得して協議成立

「離婚相談で離婚の経緯も説明していたので、微妙なニュアンスも踏まえてもらって、二人が納得のいく離婚協議書ができました。」

ご依頼者さまのご希望も踏まえて、まず離婚相談から始まり、離婚協議書案を丁寧につくらせていただきます。お二人にご納得をいただけるまで、最後まで何回でも修正を重ねながら最終の離婚協議書を完成させます。

離婚協議書が、法律専門家から勧められる理由は?

離婚協議書により、お二人の約束事が確かになります。

どうして離婚協議書があると安心なのでしょう?

財産分与、慰謝料、養育費など、離婚における条件を話し合いで決めます。
このとき決めた条件について離婚協議書(又は離婚公正証書)にしておくことを、離婚専門家は勧めます。

きちんと離婚時に解決しておかないと、財産分与は離婚後の2年間、離婚慰謝料は離婚後の3年間、それぞれの請求権が残ることになります。

離婚協議で夫婦双方の「合意」により整理がついたつもりでいても、もし一方に思い違いがあったりすると、離婚後に金銭請求が起こるも心配されます。

そのため、離婚時に合意できた内容は、きちんと離婚協議書(又は公正証書)にしておくことが大切になります。離婚協議書として確認すれば、大事な約束が記録として残ります。

人生の新たなステップを踏み出すためにも、確かな離婚協議書が大切です。

<アンケートへご回答いただいた76名様>

ご利用者様の声

離婚協議書、公正証書の作成によって、実際に離婚された方からのアドバイス、感想などを、ご参考として紹介させていただきます。

どのご利用者様も、離婚相談で大事な点を確認して、しっかり納得がいく形での離婚協議書、公正証書を作成されたあとで、協議離婚を成立させています。

※掲載につきましては、ご本人様からご了解頂いております(船橋離婚相談室)

40歳代、子2人

お互い納得できた

40歳代女性の利用者

普段から、夫が口約束をすぐに忘れてしまうので、2人の話し合いで決めただけでは、これからの長い年月の中で、また忘れられてしまうと思ったし、後々もめない為に離婚時にどういう>>>(続き

30歳代、子いない

離婚をスムーズに

30歳代男性の利用者

当人同士ではやはり感情的になってしまうので、法律的な観点で相談にのってもらえる専門家が間に入っておこなうと、離婚がスムーズにできると思います>>>(続き

40歳代、子2人

相手に責任が伝達

40歳代女性の利用者②

子どもを育てるにあたって不安を取り除くために公正証書に。これが今後どのように活かされるかは分かりませんが、話し合うことで、相手にも責任あることが伝わったように思います>>>(続き

平26.11【公正証書】

公正証書2611

平26.10【公正証書】

公正証書2610②

平26.10【離婚協議書】

離婚協議書2610①

平26.9【公正証書】

公正証書2609

平26.5【公正証書】

公正証書2605②

平26.5【離婚協議書】

離婚協議書2605①

平26.4【公正証書】

公正証書2604

平26.3【離婚協議書】

離婚協議書2603②

平26.3【離婚協議書】

離婚協議書2603①

平26.2【離婚協議書】

離婚協議書2602

平26.1【公正証書】

公正証書2601

平25.11【公正証書】

公正証書2511

船橋離婚相談室では、一つ上の安心を選べます。

貴方の希望する離婚をサポート

「何でもお聞きください。知っている事はすべてお話しします。」

代表ご挨拶・略歴

あなたは、どんな離婚をされたいですか?

人生における大きな節目となる離婚ですが、離婚は、夫婦関係を解消する大事な契約でもあります。

共有財産の清算も行われることから、法律的な知識も踏まえて、離婚条件について取り決めていきます。

そのとき、あなたが希望される離婚を実現するサポートを、離婚協議書の作成からさせていただくのが船橋離婚相談室の役割です。

これまでも、協議離婚を進められるご夫婦の離婚協議書、公正証書の作成を、数多くサポートさせていただいてきておりますが、離婚の形はそれぞれのご夫婦ごとに異なるものです。

船橋離婚相談室では、お客様のニーズに合わせた離婚協議書、公正証書の作成サービスを、お客様にご納得いただける品質で提供いたします。

船橋離婚相談室は、離婚専門の行政書士、あなただけの確かな離婚協議書を作成します。


お選びいただいたあなたを後悔させないサービスを提供いたします。

協議離婚専門という信頼、安心

船橋離婚相談室の強みは、離婚・相続など家事専門の行政書士事務所であることです。

協議離婚専門の行政書士事務所として、法律面に関する備えはもちろんですが、メンタル面にも配慮して上級心理カウンセラー資格も有しております。

離婚協議書作成の専門家として高い品質サービスを提供させていただくことをお約束します

もし、協議離婚、離婚協議書についてご心配ごとがありましたら、ご相談ください。
あなたとの出会いを大切にし、責任もってサポートさせていただきます。

船橋離婚相談室 塚田章(行政書士・JADP認定上級心理カウンセラー)

専門行政書士による信頼オーダーメイド

離婚協議書の作成

書士職印が付けられる安心の対応

作成行政書士の職印

離婚相談で不安を解消して、前に進みます。

協議離婚の条件、離婚協議書、公正証書の離婚相談

あなたの悩みを一緒に解決しませんか?

  • もう離婚届に印鑑を押してしまって、大丈夫かしら?
  • 離婚協議書には、どのようなことを書くの?
  • 養育費のあるときは「公正証書」がいいって聞いたけれど?
  • 「慰謝料」は、いつまで請求できるの?
  • 離婚協議書と離婚公正証書はどう違うの?

あなたのご心配ごと、悩み事の解決に向けてお力になりたい。
船橋離婚相談室は、いつでもそう考えています。

  急いで安易に離婚条件を決めてしまわないでください。
離婚相談してから、離婚協議書にしましょう。

船橋離婚相談室事務所内

「狭い室内ですが、落ち着いて、何でもご相談いただけます。」

プライバシーの確保された「離婚相談室」

船橋つかだ行政書士事務所は、離婚、相続など家事分野に専門特化しており、会社業務を取り扱っていません。

また、お客さまのご来所は、完全予約制としています。

そのため、離婚相談にお越しいただくときは、プライバシーの確保された事務所内で、ゆっくり、落ち着いてご相談いただくことができます。

船橋離婚相談室は、協議離婚の離婚相談カウンセリング離婚協議書(離婚公正証書)作成で、あなたをしっかりサポートします。

協議離婚、離婚協議書(離婚公正証書)、離婚の悩みについてご相談がありましたら、船橋離婚相談室まで、お電話くだい。初回無料の離婚相談も、ご利用いただけます

離婚契約についての離婚相談(初回無料、面談30分)のお申込みは、こちらまで。

*離婚調停、裁判、親権等の争いに関するご相談には、一切対応しておりません。

平日 9時~22時、土日 9時~17時

離婚相談、離婚協議書、公正証書の作成

皆さまに選ばれてる4つの理由

あなたの協議離婚の大事な契約手続きを、丁寧にサポート。

  1. 協議離婚専門信頼感
    離婚業務には高い専門性が必要です。船橋離婚相談室は、単に離婚協議書など書類を作成するだけの事務所ではありません。あなたの大切な協議離婚に関してのご質問、ご心配な点に、丁寧に対応させていただきます。 
    小さくとも協議婚婚の専門事務所だから、あなたの疑問にしっかり応えられます
  2. 土日でも不安解消・平日夜10時迄 
    お仕事帰りにも、ご利用いただけます。もちろん土日でも大丈夫です。
    いつでも相談できる」このことが、ご利用者様からも評価いただいています。
    お急ぎのときには、さらに時間外でも離婚相談に対応させていただいております。
    船橋離婚相談室のお客様に対しての基本姿勢です。

  3. 正直・シンプル定額料金
    「あらかじめ、必要な費用を教えて欲しい」との声に応える定額セット料金プラン。
    お客様からご信頼いただける明瞭な料金システムを採用しています。

    料金が不明な「料金〇〇円~」との表示は致しておりません

  4. 船橋駅から徒歩4分に加えて、安心メール電話対応
    離婚相談(面談)にお越しいただくのに便利だと好評です。
    ご来所いただけないお客様へは、安心のメール・電話対応をさせていただきます。
    離婚相談、離婚協議書も、メール・電話対応で安心してご利用になれます。
    離婚相談は初回無料です。弊所説明に納得された場合だけご契約いただけます。

サービスのご紹介

離婚協議書の支援
サービスのご紹介

離婚協議書の支援

離婚協議書・公正証書の作成について、各プランからお選び可能

『安心サポート』が付きます

明瞭で安心できる
料金プランについて

明瞭な料金

明瞭なパッケージ式定額料金

¥41,500円協議書プラン

追加・割増料金がありません

離婚相談室の特徴
~専門知識と安心感~

離婚専門の実績

協議離婚に関する契約専門の行政書士だから、任せて安心

電話・メールでの土日を含めた丁寧できめ細かいサポート

ご安心いただける離婚協議書(離婚公正証書)の作成サービスで、あなたの協議離婚を丁寧にサポートいたします。(全国どちらからでも、離婚相談、離婚協議書の作成を承ります

離婚相談の利用から

安心できる離婚アドバイザー

「相談して安心できた・・・」

人生における大事な転機となる「離婚」。

そんなとき、あなたの側にある「頼れる良きアドバイザー」となるのが船橋離婚相談室です。

お一人だけで、ずっと悩んでいることはありません。一緒に考えて、解決してゆきませんか?

『弁護士に依頼するほど、相手配偶者ともめていないので、
なるべく早く協議離婚したい。けれども、あとで後悔しないよう、養育費の約束などを離婚協議書(離婚公正証書)にしておきたい。安心できる離婚協議書を作成したい。
大事なことだから、失敗したくない。安心できる専門家のサポートを受けたい。』

そのようなあなたから『ほんとうに相談してよかった』との言葉をいただくため、船橋離婚相談室では、あなたの協議離婚の手続き(離婚協議書・離婚公正証書)を丁寧にきめ細かくサポートさせていただきます。船橋離婚相談室では、離婚協議書の作成など離婚契約を得意とし、お客様のご希望される離婚協議書を作成致します。

離婚相談・カウンセリング契約による定期安心サポートもご用意させていただいております。まずは離婚相談から始めてみませんか?

お急ぎの離婚相談、離婚協議書(公正証書)、不倫 示談書の作成に対応します。
ご希望の離婚協議書・公正証書をおつくりします。

このような貴方の悩みも解決します(船橋離婚相談室)

  • 協議離婚の手続が心配なので、しっかりサポートして欲しい。

  • 離婚後の生活もたいへんだから、安心できる料金で利用したい。

離婚協議書(公正証書)のひな形は、インターネットで簡単に探すことができます。
一見すると、離婚協議書の作成など簡単そうに感じます。しかし、ご自身の条件を離婚協議書に入れて出来上がり、というわけにいきません。離婚協議書の作成には確かな法律知識が必要です。

そこで、離婚協議書の作成は離婚専門家に依頼しようか、と考えられます。でも、専門家へ依頼されるとき「基本料金は低く見えるけど追加料金がある」「”××円~(から)”って、私の場合はいくらかかるの?」というご心配があるようです。

費用面が心配になって離婚協議書の作成をあきらめてしまわれることのないよう、船橋離婚相談室の離婚協議書サービスは、単純明瞭で安心いただける定額料金にて離婚協議書を作成致します。相談料も、すべて離婚協議書の作成料金に含まれます。

もし、離婚協議書の作成をお考えでしたら、ご相談されてみてください。
初回無料の離婚相談(予約制の面談30分・随時の電話10分)も、ご用意しています。

船橋離婚相談室は、離婚相談・離婚協議書の専門事務所として、多くの離婚相談、離婚協議書作成に対応してきています。特に、離婚協議書の作成を得意としています。離婚協議書は、お客様が希望される離婚に応じた形に離婚条件を整理します。離婚協議書の作成を業務として行なえるのは、行政書士と弁護士だけです。船橋離婚相談室では、お客様にご納得いただける離婚協議書を作成させていただくため、常に専門性を高めるべく努めています。

離婚条件を決めることは、人生の重要な"契約"になります

重要な離婚条件

協議離婚で決める離婚の条件には、財産分与、慰謝料、親権者、養育費、面会交流などがあります。

これらは、すべて離婚後の新しい人生に重要なことばかりです。

このような、離婚後の人生に影響する大切なことを、口頭の約束だけで済ませてしまっては、離婚後へ大きな不安を残すことになりかねません。

どうしても、人間の記憶は、時の経過によって都合よく変化していくからです。

特にお子様のあるケースですと、父母の立場として、養育費や面会交流について決めておかれることが必要です。その決めた事を書面にしたものが、離婚協議書(離婚公正証書)です。

もし、離婚協議の結果について離婚協議書離婚公正証書)にしておきませんと、協議離婚の後になって離婚給付の請求が起きたりしてしまうことも心配されます。

離婚を区切りとして新たな人生(計画)をスタートしたはずが・・・、という事態になっては困ります。そうならないよう、協議離婚においては、確かな離婚協議書離婚公正証書)を作成しておくことが大切です。

離婚協議書の作成により、離婚後における無用のトラブルを、あらかじめ回避できます。また、万一トラブルになっても、離婚協議書が、あなたの証人となる役目を果たします。

このように、協議離婚における契約書として、離婚協議書(離婚公正証書)は重要です。
離婚の専門家も、離婚協議書(離婚公正証書)の作成を勧めます。

離婚協議書・公正証書作成は?

離婚公正証書のポイント

離婚協議書離婚公正証書)にするポイントは、一般に決まっています。

財産分与(不動産、預貯金など)、慰謝料、年金分割、親権(監護権)者、養育費、面会交流、(別居のとき)婚姻費用などです。

ただ、どのように離婚協議書で決めておくかということは、ご夫婦によって様々です。同じ離婚協議書(離婚公正証書)は、2つと存在しません。

まず、離婚協議書において(1)整理または約束すべきこと、(2)どのように約束しておくか、について、ポイントごとにチェックしておきます。そのうえで、(3)離婚協議書(離婚公正証書)にする文言にしていく、という過程で離婚協議書を作成していきます。

もし、離婚協議書の作成に十分な時間がなかったり、離婚協議書の作成手続きが難しいときには、離婚協議書の作成について専門家へご相談ください。

船橋離婚相談室は、あなたの離婚協議書を、完全オーダーメイドで納得いく形に仕上げます。

離婚相談、離婚協議書のお申込み

協議離婚の条件や離婚協議書・公正証書に関することは、無料の離婚相談(電話・メール・面談)でもご確認いただけます

協議離婚に関しての離婚相談、離婚協議書の作成をご希望される方は、ご連絡ください。
船橋離婚相談室では、少しでもお客様のお役にたてるよう離婚相談に対応します。また、離婚協議書の作成は、ご納得いく離婚協議書の完成まで丁寧に行なっています。

あなたの協議離婚を、離婚協議書ほかサービスにより、離婚専門の行政書士が、きめ細かく丁寧にサポートいたします。

※離婚相談は秘密厳守いたします。

離婚契約についての離婚相談、お問合せ

千葉県船橋市の離婚相談室

  • 「養育費は、どのように決めたらいい?」

  • 「自宅の住宅ローンは、誰が支払っていく?」

  • 「離婚協議書はつくらないとダメ?」

 離婚契約書の作成をお考えでしたら、離婚相談をご利用になれます。養育費、財産分与(住宅ローンなど)の離婚相談から、離婚契約の手続、ポイントを説明させていただきます。

離婚協議書・公正証書の作成などの離婚相談(面談30分)お申込み。お電話のときは、お時間が合えば10分まで、離婚相談をご利用いただけます。

*離婚調停、夫婦間の紛争についてのご質問には、一切対応しておりません。

平日 9時~22時、土日 9時~17時

協議離婚した、ある2組の夫婦のストーリー

一組目の夫婦

協議離婚した夫婦

夫:雄二(31)、妻:麻里子(27)、子:彩(3)

雄二、麻里子の夫婦は、結婚して間もなく子どもに恵まれたものの、子育てに対する考え方の違いなどが原因となって言い争うことが次第に多くなり、結局、協議離婚することになりました。

雄二は、彩が幼いことから、親権者は母親の麻里子がなることにあっさりと同意しました。そして、雄二は、彩の養育費を将来にわたり支払っていくことを、麻里子に約束しました。麻里子は、雄二は彩のことを可愛がっていたから養育費はきっと支払い続けていくはずだと考えました。

離婚時の財産は分けるほどなかったこともあり、離婚協議書をつくらないまま、親権者を母親として協議離婚届けを役所へ提出して協議離婚が成立しました。

(協議離婚から1年後)

最初の数か月くらいは雄二から麻里子へ養育費がきちんと支払われていましたが、そのうち支払いが遅れがちになり、1年後には養育費が全く支払われなくなってしまいました。風の便りで聞いたところでは、雄二は離婚してから仕事も変わり、再婚して遠くに転居していったようです。麻里子は、養育費がないと今でも生活が厳しい状況です。彩が成長してからのことを考えると、心配です。でも、雄二の連絡先すら知らないので、どうしたものか困っています。

二組目の夫婦

離婚までに公正証書を作成

夫:正義(37)、妻:優子(35)、子:伸行(7)

正義は、伸行が小学校に入学する頃から職場の女性と親しくなり不倫の関係となりました。ついには優子の知れるところとなって、協議離婚することになりました。

優子は、伸行の親権を自分が取ることと伸行の将来の教育などを考えて、離婚協議では財産分与と養育費の確保を優先的に目指しました。優子は、自分を裏切った正義をまったく信頼できませんでしたが、子の精神的成長のために正義との面会交流を約束して、養育費等のことも含めて離婚公正証書を作成しました。

そして、離婚公正証書を作成した後に協議離婚届けを役所へ提出して、協議離婚が成立しました。

(協議離婚から1年後)

優子は、正義のことを今でも許していませんが、伸行の成長を考えるのが母親としての役割であると割り切って、父子の面会交流を定期的に実施しています。伸行も、父親と交流して、学校での出来事を話したりできることが楽しみであるようです。生活も養育費が安定して入ってくることで、何とかやっていけています。

正義は、養育費の負担は決して軽いものではありませんが、定期的に伸行と会って息子の成長を実感できることで、頑張って養育費を支払い続けようという気持ちを維持しています。

あなたは、この2組の夫婦のことをどう思いますか?

養育費の実態|離婚協議書(公正証書)の役割

養育費は、きちんと支払われ続けるのでしょうか?

支払われていない養育費

厚生労働省の調査(平成23年)によると、離婚後に養育費が継続して支払われているのは20%にも満たない結果となっています。この数字は前回調査(平成18年)とほとんど変わっていません。

そもそもが、協議離婚では養育費の支払い自体を決めていないケースが多いのが実状となっています。
理由としては「相手に支払う意思や能力がないと思った」という理由が約半数にのぼります。

残念なことですが、現実の養育費の支払実態は厳しいものと言えます。

ですが、

大切なお子様の将来のことを考えて、離婚協議のとき、養育費の支払いについて、しっかりと約束しておくことが必要ではないでしょうか?

お子様の扶養と教育には、お金がかかります。お子様の成長は、親にとって大切な希望であるはずです。

大切な離婚契約

船橋離婚相談室では、協議離婚で養育費の支払いを約束したときには離婚協議書など必ず書面にしておくことをお勧めしております。

なぜなら、

約束ごとを離婚協議書(離婚公正証書)などの書面にすることで、養育費を支払う親も、養育費を受け取る親も、どちらにも養育費によって大切なお子様を育てていく責任感を強く意識するようになると考えるからです。

人間には、他人から言われることは守らなくても、自分で決めたことは守ろうとする本来的な習性が備わっています。

もし、「離婚条件を整理して書面(離婚協議書)にする方法が分からない」という方は、船橋離婚相談室の離婚相談を受けられ、必要であれば離婚協議書(離婚公正証書)作成のサポートをご利用ください。

あなたとお子様のために、しっかりと責任をもってサポートさせていただきます。
離婚協議書の作成は専門家にお任せいただくと安心です。

離婚協議書を「離婚公正証書」にすれば、養育費受取りも安心

金銭に関する約束は公正証書

協議離婚においては双方での話合いで、離婚に関して条件を決めます。その内容は離婚協議書にしておくと良いのですが、養育費の支払いがあるときには離婚協議書を「離婚公正証書」にしておくと安心です。

離婚協議書を執行認諾文言を入れた離婚公正証書にしておくと、養育費の支払いが滞ったときに、裁判をしないでも給与差し押さえなどの強制執行することが可能になります。一般の離婚協議書とは異なり、「離婚公正証書」は、強力な執行力をもった証書(執行証書)になります。

協議離婚での養育費支払いの請求を裁判でおこなうとすれば、ご承知のように長い期間だけでなく、多額の弁護士費用がかかります。そのために、現実的にはあきらめて泣き寝入りされてしまう方が多いのです。

このことから、協議離婚で養育費等の継続的な金銭払いがあるときは、離婚協議書を離婚公正証書にしておくことが、専門家からは勧められているのです。

また、協議離婚で年金分割をするときには、離婚協議書だけでは足りず、「年金分割の合意書」「分割内容に関する公正証書」「公証人の認証を受けた私署証書」が必要になります。

離婚相談、協議離婚の手続き、離婚協議書(公正証書)作成について

協議離婚のとき知っておくと安心な、離婚相談のこと、協議離婚の手続き(離婚協議書、離婚公正証書等)についてのお役立ち情報です。

離婚協議書と公正証書

離婚協議の内容を記録書面化するときに、離婚協議書でよいのか、公正証書にしておくか、というご質問を離婚相談においていただきます。最終的には、お客様にご判断いただくことになります。

協議離婚のときに離婚協議書を公正証書にしておく最大メリットは、養育費、財産分与、慰謝料等の離婚給付についての離婚後の支払い確実性を高めることに尽きます。したがって、離婚後における離婚給付等がない場合、離婚協議書を公正証書にすることは、お客様のご判断によるしかありません。

離婚協議書のままでは私文書だから効果がないということもありません。離婚協議書は立派な契約書です。離婚協議書を作成されるお客様も沢山いらっしゃいます。何よりも大事なのは、離婚協議で決めた条件を離婚協議書とし、その離婚協議書の内容を互いに守っていくことです。

協議離婚における離婚相談、離婚協議書

協議離婚における相談

協議離婚の場合は、ご夫婦による話し合いで、財産分与、慰謝料、子の親権者、養育費、面会交流などについて決めていきます。これらの離婚条件は、離婚協議書(離婚公正証書)にしておきます。このほか、離婚後の姓(氏)、戸籍、保険など離婚後の生活に関することの事前確認もしておきます。

協議離婚での離婚相談では、このような事柄を含めて協議離婚の手続きを確認していくことになります。協議離婚に関して疑問になる点については、離婚相談でご確認ください。

また、船橋離婚相談室では離婚協議書(離婚公正証書)の作成をお勧めしております※ので、ご夫婦による話し合いの結果を離婚協議書(離婚公正証書)にするサポートをさせていただいております。離婚協議書の作成は得意とするところです。

離婚協議書作成サポートの離婚相談では、話し合いで決められる離婚条件についての決め方等にアドバイスさせていただきます。そして、その離婚条件をどのように離婚協議書にしていくか、ご相談により進めてまいります。

まず、船橋離婚相談室が離婚協議書案を作成し、その離婚協議書案をお客様にご確認いただきます。そして、その離婚協議書案をベースに、お客様のお考えを確認しながら修正作業を、離婚相談も行ないながら進めて参ります。離婚協議書の修正は何回でも致します。

最終的に、お客様にご納得のいく離婚協議書が完成します。船橋離婚相談室では、円満にお客様の協議離婚が成立するよう、ご安心いただける離婚協議書をつくらせていただきます。

※船橋離婚相談室が離婚協議書の作成をお勧めする理由

協議離婚は、調停、裁判による離婚と違って、家庭裁判所など第三者が関与することは基本的にありません。そのため、離婚協議で決めたことは、離婚協議書にしておきませんと、離婚した後になってから、離婚協議の結果内容を確認する方法がありません。また、ご夫婦が円満に協議離婚される儀式としても、書面(離婚協議書)によって協議離婚の条件について確認をされて、婚姻生活に区切りをつけることができます。このようなことから、離婚協議書は、協議離婚において大切なものになっています。船橋離婚相談室に見えられるお客様もこのような理由から離婚協議書を作成されています。なかには離婚協議書をお守りとして持たれているお客様もいらっしゃいます。あなたにも、離婚協議書の作成を、お勧めします。<離婚相談・離婚協議書の船橋離婚相談室(千葉県)>

離婚相談のポイント

離婚相談は一般的には完全有料制のところが多いです。なぜでしょうか?

無料の離婚相談は時間制約(30分程度)があるため、個別具体のところまで入るのが難しいところがあります。離婚相談のとき、ご本人が離婚への経緯から現状までを説明されるだけで時間が結構かかります。そのため、離婚相談を受けた側がしっかりと話の確認をしてから回答しようとすると、離婚相談全体の時間がかかってしまいます。そのため、離婚相談の無料対応には限界があります。離婚相談に有料制が多いのは、このような離婚相談には時間がかかるとの事情があります。

離婚相談では協議離婚で解決できる話ばかりではありません。協議離婚では難しい状況にあれば話も長くなります。また、協議離婚で離婚協議書(離婚公正証書)の具体的項目にかかるご相談につきましては、詳しくお話をお伺いしなければお答えできないことがあります。離婚協議書(離婚公正証書)も出来上がりを見れば簡単なように見えますが、そこまでの準備、整理の過程が離婚協議書(離婚公正証書)の作成では重要なのです。

従いまして、無料の離婚相談をご利用になるときには、事前に協議離婚におけるポイントを整理されておき、離婚相談で要領よくお話しされるのが、上手な離婚相談の利用法と言えます。

また、無料の離婚相談を各所で重ねられるのがときには良い結果も生みますが、最終的に協議離婚のために離婚協議書(離婚公正証書)の作成まで依頼されるのであれば離婚相談の相手先と離婚協議書(離婚公正証書)に関する契約を結ぶことも前提として離婚相談の先を決められるのが、時間節約にもなると考えます。

離婚相談の受付時間

船橋離婚相談室は、平日9時から22時まで、土日9時から17時まで、離婚相談を受付けています。無料の離婚相談は、初回30分位を目安としております。

離婚相談の基本的な内容は、協議離婚に関しての離婚条件、離婚協議書・離婚公正証書の内容、離婚協議書等のサポートについてなど、となります。

離婚相談のご予約は、できるだけ早めにお申込みいただけますと、ご希望に沿えることと思います。また、小さいお子様とご一緒でも差支えありませんが、ご自宅又はその近くでの離婚相談をご希望されるときは、その旨お申し出ください。

また、離婚相談のお申し込み時に、離婚相談のポイントについて事前にご説明いただけますと、離婚相談の当日までに船橋離婚相談室でも回答を準備させていただけます。

なお、ご自身でつくられた離婚協議書のチェック、具体的な離婚協議書の書き方指導につきましては、無料離婚相談の対象となりませんので、ご承知おきください。
(離婚協議書の作成サービスのお申込みが必要です)

船橋離婚相談室の離婚相談・離婚協議書・離婚公正証書の対応エリヤ

船橋離婚相談室の面談での協議離婚に関する離婚相談・カウンセリングの対応エリヤは、千葉県ほか首都圏域を想定しています。協議離婚に関する離婚相談・カウンセリングのほか、協議離婚における離婚協議書・離婚公正証書の作成サポートをしております。

協議離婚について話が具体化しており、離婚協議書(離婚公正証書)の作成段階での協議離婚に関する離婚相談・カウンセリングであれば、お電話もしくはメールによっても離婚相談・カウンセリング、離婚協議書作成等への対応が十分に可能です。

この場合、船橋離婚相談室まで離婚相談、離婚協議書の打合せにご来所いただけなくとも、離婚協議書は作成できます。離婚協議書案について、メール等によるやり取りで確認・修正しながら、離婚協議書の完成までサポートします。ご納得いく離婚協議書を作成いたします。

また、船橋離婚相談室と遠距離にあるお客様であっても、協議離婚についての離婚公正証書作成についてサポートさせていただきます。この場合には、船橋離婚相談室で作成した離婚協議書(離婚公正証書の原案)をお客様が公証役場に持ち込むことで、スムースに離婚公正証書作成の手続きを進められることができます。

これまでも、メール等によるサポートにより、ご満足いただける離婚協議書(公正証書原案)をお届けさせていただいてます。船橋離婚相談室では、離婚協議書・離婚公正証書(原案)の作成に何回も修正作業を重ねてまいります。その結果、ご満足いただける離婚協議書・離婚公正証書が出来上がります。

船橋離婚相談室は、高品質の離婚協議書、離婚公正証書案を丁寧に作成いたします。離婚協議書ひな形にあてはめるのではなく、お客様にあわせた離婚協議書を作成します。安心して離婚協議書の作成、協議離婚のサポートを、ご依頼いただけます。

協議離婚の離婚相談・カウンセリング、協議離婚の離婚協議書・離婚公正証書、不倫の示談書のことなら船橋離婚相談室をご利用ください。たとえば、協議離婚の条件について、協議離婚の離婚協議書または離婚公正証書の作成をどの様に進めていったらよいかなど、ご相談ください。船橋離婚相談室では、離婚協議書の作成をお勧めしています。

協議離婚にかかる離婚相談・カウンセリング、離婚協議書(離婚公正証書)の作成サポートに関して、出張も致します。出張による離婚相談の場合は、日当をご負担いただきます(協議離婚の離婚協議書(離婚公正証書)の作成サポートなどにご契約いただいた場合は、すべての離婚相談はサービス料金に含まれます)。 離婚協議書の作成をお考えでしたら、離婚協議書サポートにお申込みのうえ、離婚相談されることをお勧めします。<離婚相談・離婚協議書の船橋離婚相談室(千葉県)>

総武線沿線(千葉市~三鷹市)の離婚相談、離婚協議書の作成に対応します。

千葉西千葉稲毛新検見川幕張幕張本郷津田沼東船橋船橋西船橋下総中山本八幡市川小岩・新小岩・平井・亀戸・錦糸町・両国・浅草橋・秋葉原・お茶の水・水道橋・飯田橋・市ヶ谷・四谷・信濃町・千駄ヶ谷・代々木・新宿・大久保・東中野・中野・高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・西荻窪・吉祥寺・三鷹、八王子

京成線沿線の離婚相談、離婚協議書の作成に対応します。

東成田・成田空港・京成成田公津の杜・宗吾参道・京成酒々井・大佐倉・京成佐倉・京成臼井・ユーカリが丘・志津勝田台京成大和田八千代台実籾京成大久保・京成津田沼・谷津・船橋競馬場・大神宮下・京成船橋・海神・京成西船・東中山・京成中山鬼越京成八幡菅野市川真間国府台江戸川・京成小岩・京成高砂・青砥・お花茶屋・堀切菖蒲園・京成関屋・千住大橋・町屋・新三河島・日暮里・京成上野

東武線・東葉高速沿線の離婚相談、離婚協議書の作成に対応します。

船橋・新船橋・塚田・馬込沢・鎌ヶ谷・新鎌ヶ谷・六実高柳逆井増尾新柏・豊四季・流山おおたかの森・初石・江戸川台・運河・梅郷・野田市・愛宕・清水公園・七光台・川間 東葉勝田台・村上八千代中央八千代緑が丘船橋日大前北習志野飯山満東海神・西船橋

北総線沿線の離婚相談、離婚協議書の作成に対応します。

京成高砂・新柴又・矢切・北国分・秋山・東松戸・松飛台大町・新鎌ヶ谷・西白井・白井・小室・千葉ニュータウン中央・印西牧の原・印旛日本医大

京葉線の離婚相談、離婚協議書の作成に対応します。

八丁堀・越中島・潮見・新木場・葛西臨海公園・舞浜・新浦安・市川塩浜・二俣新町・南船橋・新習志野・海浜幕張・検見川浜・稲毛海岸・千葉みなと・蘇我

☆上記以外のエリヤにも、協議離婚についての離婚相談、離婚協議書(公正証書)作成に出張します。

船橋離婚相談室は高品質の離婚協議書作成を提供いたします。離婚協議書の作成をお考えでしたら船橋離婚相談室にご相談ください。お客様のご希望に沿った離婚協議書を作成します。

また、 離婚協議書を公正証書で作成すること、既に出来ている離婚協議書を公正証書にする役場調整のサービスも承ります。

免責事項(船橋離婚相談室)

当ウェブサイト「船橋離婚相談室」(千葉県船橋市)での記載内容は、協議離婚が円滑に進められるよう協議離婚の手続(離婚協議書、離婚公正証書)に関する情報提供を目的として制作されています。サイト内の表記全てを運営者が保証するものではありません。

協議離婚をされる方が離婚協議書の文例を離婚サイトから入手されてそのまま利用されることもよくあるようです。船橋離婚相談室でもお客様が作られたそのような離婚協議書を拝見します。離婚協議書の内容に理解されたうえでご利用される分には心配ないのですが、離婚協議書文例の安直な流用については離婚協議書の重要性からも専門家の間で危惧されています。

このことは、協議離婚における離婚相談事例を、ご自分の事例にも直接当てはめる場合も同様です。集約された事例からは詳細な背景まで分かりません。

万一、当サイトからの情報利用(離婚相談、協議離婚、離婚協議書、離婚公正証書など)により利用者側に不測の損害が生じましても、運営者としては一切の責任を負いかねます。どうかご承知おきください。協議離婚における離婚協議書、離婚公正証書の作成は、ご本人様の責任において行われることになります。

もし、ご自身での離婚協議書の作成にご不安をお持ちのときは、船橋離婚相談室ほか法律専門家へ離婚相談されたうえで離婚協議書を作成されることをお勧めします。離婚協議書は、ご自身の離婚に関する大切な契約書です。

ご不安を解消する離婚契約についてのご相談はこちらへ

これから協議離婚するために、離婚協議書(離婚公正証書)を作成したいとお考えになられている方に離婚相談を受付中です。いつでもお気軽にお電話、メールをください。

【お願いとご注意につきまして】

  • 養育費の算定、慰謝料金額についてご質問を多くいただきますが、一般知識の説明を求めるお電話は、ご遠慮ください。当サイトをご参照ください。詳しい仕組み、注意事項、個別事案についての具体的なご相談につきましては、各サポートにおいて丁寧にご説明をさせていただきます。
  • 調停、裁判、親権争いに関するご質問、ご相談には対応しておりません。
  • ご夫婦等で作成された離婚契約書のチェックは、無料相談の中では扱いません。

船橋離婚相談室の代表者

「ご相談をしながら、ご希望の離婚契約書を作成させていただきます。お気軽にお電話ください。」

日本行政書士会連合会所属
特定行政書士
日本カウンセリング学会正会員

よくあるご質問
  • 協議離婚の手続き、養育費は?
  • 離婚協議書と離婚公正証書はどう違う?
  • 離婚協議書は必要なの?
  • 離婚協議書には何を書いておく?
  • 離婚協議書の約束を破ったら?

大事な離婚の条件は、しっかり確認のうえ納得してから約束し、確かな契約書に作成しておくことが大切です。

船橋離婚相談室へのお問合せ
離婚契約等に関する離婚相談
(初回無料:面談30分、電話10分)お申込み

お急ぎの離婚協議書(離婚公正証書)作成も、ご相談を承ります。 
土・日も休まず、平日は夜10時まで開いています。 

JR船橋駅、京成船橋駅、東武船橋駅から徒歩4分

千葉県船橋市本町1丁目26-14 サンライズ船橋401号 船橋つかだ行政書士事務所

離婚契約書作成のための「離婚相談」受付中

無料の離婚相談

「ご不安を解消する離婚契約書を作成するお手伝いをさせていただきます。お気軽にお問合せください。」

初回無料離婚相談
(面談30分・予約制)
※電話相談10分位
※メール相談もあります

047-407-0991

平日9~22時(土日17時迄)

ソリューション画像
夜10時まで営業中

お仕事で忙しい貴方にも、お立ち寄りいただけます。
安心の「夜10時まで
(土日は休まず17時まで)
お急ぎで離婚協議書、公正証書、示談書を作成されたい方は、時間外でのお打合せも、ご予約を承ります。 

ご連絡先はこちら

離婚相談・離婚協議書・離婚公正証書など協議離婚のことなら
『船橋離婚相談室』

船橋離婚相談室(船橋駅徒歩6分)

運営元

船橋つかだ行政書士事務所

住所

千葉県船橋市本町1-26-14
サンライズ船橋401号

アクセス

船橋駅(JR・京成・東武)
徒歩4分

平日9時~22時(土日~17時)
まずはご連絡ください。

船橋駅から徒歩4分

船橋離婚相談室(千葉県)は船橋駅から徒歩3~4分です。

平日は夜10時までですので、お勤め帰りにもお立ち寄りいただけます。

離婚相談は土日も行ないます

(こちらのビル401号です)

   ごあいさつ

船橋つかだ行政書士事務所代表

代表者 塚 田 章
日本行政書士会連合会所属
特定行政書士

 日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー
ごあいさつ

船橋離婚相談室の塚田です。
協議離婚を進められるご依頼者様のご不安が少しでも解消できるよう、離婚相談から離婚協議書の作成まで、しっかりと丁寧に協議離婚をサポートさせていただきます。
ご安心してご利用ください。

なぜ「公正証書」に?

離婚公正証書の正本

離婚協議書を、
公正証書にすると・・
  • なぜ、公正証書だと
    心配が解消するの?

  • 普通の離婚協議書とどう違うの? 

なぜ協議離婚では公証書?

ご利用者様の声・70名

離婚協議書(離婚公正証書)サポートのご利用者様によるアンケート回答のご案内です

30歳代、女性
(離婚協議書作成プラン)

案文作成の段階から主人側と内容についてぶつかり困っていました・・・

続きを読む

50歳代、男性、子1人
(離婚協議書作成プラン)

作成したことにより、財産分与、特に年金についての扱いについて安心・・・

続きを読む

40歳代、女性、子2人
(離婚公正証書作成)

離婚届けを提出する前に、各々の条件を十分に話し合い、それを文章に・・・

続きを読む

30歳代、男性、子2人(離婚公正証書作成)

公証役場で公証人を離婚後のするだけでも心が引き締り・・・

続きを読む

協議離婚における離婚協議書の利用事例として、ご参考にしていただければ幸いです。

主な業務地域

お急ぎの離婚協議書も直ぐ対応!公正証書もお任せください。